部屋の雰囲気を変える間接照明

部屋の雰囲気を簡単に変える方法|効果的な間接照明の使い方

MENU

間接照明の導入テクニック

間接照明は部屋のインテリアとしても、部屋の雰囲気作りのためのアイテムとしても非常に便利なものなのですが、その使い方にはちょっとしたテクニックが必要です。
ただ使えばいいというものではないので注意しましょう。

 

まず、間接照明というくらいですから直接対象を照らしては意味がありません。
たとえば、リビングにあるテーブルを間接照明で照らしたいという場合、間接照明をテーブルに向けるのではなく、壁に向けたりするのがコツです。
こうすることで光が壁に反射し、その反射した光がテーブルを照らすことになります。

 

このように間接的に対象を照らすことが重要で、だからこそ間接照明と言われています。
壁だけではなく、天井に反射させたりするのも良い方法になるでしょうか。
特にスポットライトは角度を変えやすく、間接照明として使いやすい照明の1つです。

 

また、影を利用することも意識しましょう。
影を作り出すことで部屋に奥行きが出て、部屋全体を広く感じさせる効果があります。

 

直接照明だと部屋全体が照らされるためなかなか影ができにくいのですが、影を簡単に作り出せるのも間接照明の特徴です。
明るすぎても暗すぎてもいけませんので光量には注意しましょう。

 

こうした点に気を付けながら間接照明を配置していけばきっと理想の空間を作ることができるはずです。
リラックス効果があり、部屋を広く感じさせ、さらに落ち着いた良い雰囲気を作り出せるのが間接照明です。

 

そんな部屋を作るためにも間接照明をどう使いこなせばいいのかを知っておくことが大切です。